about

本家鎌倉の「伝統の味」
 
古都鎌倉は、伝統文化を継承する方たちが多く住み、大事な日本の伝統を守っています。
そんな地域的特色のある街で、ひっそりと受け継がれている文化があります。
 
それは、豊富な海の幸を調理するための伝統の技術です。
鎌倉の料亭などでは、季節の魚を使った料理が美味しく供されます。
それとは別に、一般の家庭でも海の幸を美味しくいただくレシピが残されていました。
 
それが、相模湾で水揚げされる小魚の調理法です。
近年、注目されている「しらす」を干したものが「ちりめんじゃこ」と呼ばれている食材です。
その「ちりめんじゃこ」を醤油で炊き上げ、山椒で味付けしたものが「ちりめん山椒」です。
これは鎌倉在住の家庭で、日常的に供されている一品かもしれません。

鎌倉に伝えられる地元の味を、お手軽に味わっていただける事と思います。
当店では地元の味覚の他に、鎌倉の料理店で供される秘伝の味付けを現代に再現いたしました。
鎌倉は独自の食文化を持つ地域ですが、日本全国から移り住む文化人も多く、そのような方のためにアレンジした調理法も存在します。
料亭のレシピを教えていただき製造したのが「すっぽんこんぶ」です。
すっぽんの滋味豊かな味わいが、昆布の旨味を最大限に引き出すよう、じっくり煮込んだ逸品です。

〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町2-11-11
TEL:0120-399-015
FAX:0467-23-1500
本家鎌倉 亭主 鈴木俊